秋元 康さんのAKB48マーケティング戦略がすごすぎな話について。

 

こんにちは。

セイです。

 

 

今回は、

一時期AKB48が超盛り上がった

『アイドル戦略がすごすぎた!』

って事でお話をします。

 

 

当時は

一部のファン層で盛り上がったり

握手会会場では列をなしましたね。

 

 

ただ世間の評判では

 

 

「CDに握手券を

付けるなんて邪道だ!」

 

 

なんて騒がれていました。

 

 

賛否両論は一旦置いといて

 

普通に考えて、

このマーケティング手法は

今後のビジネスのヒントだと思っています。

 

 

 

物から体験の時代へ

 

 

今の人たちって

物よりも体験を

大事にしている傾向にあります。

 

 

極端ですけど、

 

戦後は、

テレビなんて

どこの家庭にもありませんでした。

 

 

だから

テレビのある家庭には

物珍しさで人が集まることが

多かったみたいです。

 

 

今でいうと考えられないですよね。

 

 

逆に、

「テレビなんてなくてもOK!」

という方が増えてきました。

(私もその1人ですが・・・)

 

 

テレビが価値ある時代から

テレビが価値ない時代に

移り変わっています。

 

 

次は、高級車です。

 

・ランボルギーニ

・ベンツ

・ロールスロイス

 

などありますが

富豪が車を持つイメージが変わりました。

 

 

昔は

「金持ちは高級車を乗ってなんぼじゃい!」

 

という感じでしたが、今は

 

「金持ちと言うステータスの為だけ」

 

他会社と取引をする際に

高級車を見せると話がスムーズにいくため

 

と高級車を所持する理由が

変わっていきました。

 

 

さらにもっと私達の身近で例えるなら

・ミニマリスト

・キャンプや登山等のアウトドア

・オンライン上での動画視聴

 

 

”物”でなく、”体験・経験”

市場が変わってきたことは

お気づきの通りだと思います。

 

 

以上を踏まえて

AKB48のマーケティングは

どういった意味でヒットしたのでしょうか?

 

 

CDでなく、握手券がメイン

 

 

さて、ここから

AKB48のマーケティングについて

話していこうと思います。

 

 

CDに握手券を付けて

売り上げを上げたことは

誰しも知っている事でしょう。

 

 

また

『気軽に会いに行けるアイドル』

 

 

というコンセプトで、

アイドルグループを設立したことも有名ですね。

 

 

この時から、秋元さんは

 

 

「曲と言う音源だけでなく

アイドルに会える貴重な体験を味わう。

サービスに重点を置いて売り出そう。」

 

 

と思っていたのかもしれません。

この時点で

 

 

「天才かよっ!」

 

 

って感じます(笑)

 

 

会うだけでなく、

アイドルと握手できる

握手券という発想がぶっ飛んでますね!

 

 

当時は

・一般人がアイドルに接する機会

・アイドルを見れる機会

それすらあまりなかったから。

 

 

CDに握手券を付けることで

CD売上チャートで毎週1位を独占。

 

 

ランキングに入る曲ならば

「まぁ、1度は聞いてみようか」

とその他の人に認知してもらえる。

 

 

広告費を掛けずとも

音楽チャートで宣伝ができるわけです。

 

 

もし握手券だけの販売だったら

ニュースにはなるかもしれません。

 

 

ただCDチャートの売上を

独占できることがなく

 

 

ただ

『握手をしているアイドルです』

で終わっていたかもしれません。

 

 

奇抜さで目立てたからこそ

エンターテイメントや報道などの

出演も見かけるようになりましたね。

 

 

『アイドル市場で目立つ』

という所でも

非常に優れていたマーケティングです。

 

 

AKB48が衰えた頃に新グループ

 

 

やはり最初はヒットしても

次第に飽きてしまいます。

 

 

もちろん飽きたなら

人って離れていきますよね。

 

 

AKB48も論外でないですが

ファンが離れていきそうなタイミングで

姉妹グループを作りました。

 

 

ちょこっと調べてみたら

姉妹グループってこんなにいるんですね。

 

 

  • AKB48
  • SKE48
  • NMB48
  • 乃木坂46
  •  HKT48
  •  JKT48
  • NGT48
  • 欅坂46
  • 日向坂46
  • STU48
  • BNK48
  • MNL48
  • 吉本坂46
  • AKB48 Team SH
  • SGO48
  • CGM48

 

 

何が言いたいかというと

 

 

『AKB48のファン層を逃がす前に

他のアイドルグループを作って

ファンをそちらに回す』

 

という戦略。

 

 

「いや、天才すぎん!?」

 

 

また

アイドルグループ同士で

人気度を争わせることで

さらにお金が生み出しました。

 

 

・CD売上枚数

・選挙権

・握手券

・ライブ(劇場)参加費

 

 

さらに認知が出てきたら

 

 

・キーホルダー

・写真集

・グッズ

 

 

女性が一番輝けるのは若い時!

 

 

だからこそ、

次々に若い人でグループを形成していく。

 

 

若くして頑張っている姿に

魅了された方も

少なくないと思います。

 

 

どの姉妹グループにファンが流れても

最終的な利益は

秋元さんのところに来るという(笑)

 

 

それと

『身近に会えるコンセプト』

 

 

秋葉原でなく名古屋や

福岡まで広めて、劇場を作りました。

 

 

マーケティングが

「やべーっ!」

ってなりましたね。

 

 

「全国どこにいても
身近に会えるじゃん!」

 

 

って感じです。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

 

秋元 康さん(AKB48)の

マーケティングを学ぶだけで

 

 

見え方や考え方が

変わったかと思います。

 

 

未だに

「握手券を付けるなんて邪道だ!」

という方は

 

 

「あ、この人は

マーケティング戦略を知らないんだ・・・」

となります。

 

 

まぁ、知らないなら

知らないで良いとは思いますが、

 

 

知っておいた方が

役に立ちます。

 

 

もっと言うと

『お金を作り出すスキル』

になるので。

 

 

物で満たされていた時代から

体験やサービスで満たされる時代へ。

 

 

その流れる時代の背景を

自分で分析できると

 

 

違った目線で見れて

自己解析の楽しみとなると思います。

 

 

それでは、今回はこの辺で! 

 

 

追伸

 

 

そういえば...

 

 

僕が高校生の時に

AKB48が一番盛り上がっていました。

 

 

そして、クラス中に

コアなファンがいました。

 

 

選挙権?が欲しいために

”フライングゲット”のCDを5枚買っていて

 

 

「これ、たくさん持っていても

しょうがないから」

 

 

ってCDを1枚をタダで

貰った記憶があったな~(笑)

「仕組み化」の全体像を学び”4つの自由”を手に入れる 教科書を無料で公開中

 

僕は、公務員を退職後に

経済的自由と精神的自由を目指すため

ウェブマーケティングを学び始めました。

 

現在は、仕組みを構築する一方で

様々な方と情報を交換したり

収益を発生させるための

アドバイスをしてます。

 

ブログに書けない話は

『無料メルマガ』で配信中。

 

人生を謳歌するための思考や

ライティング・マーケティングまで

売上を上げるための役に立つヒントを

発信しています。

✅個人がやるべきネットビジネス

✅インターネットによる「仕組み化」

✅「仕組み」で不労所得は得られるの?

✅自分でお金を稼ぐためのマインド

etc...

 

無料メルマガにご登録いただいた方に

『仕組み化』の全体像が分かる電子書籍

4つの自由を手に入れるための手法

をプレゼントしています。